食事制限に失敗

2020年12月時点で最高額

条件もシンプル※友達紹介の必要なし

コラム

【暴露】食事制限のダイエットで陥りやすい4つの失敗パターン

ダイエットのために食事制限をした経験のある人は多いと思います。

確かに食事制限は体重管理において大切なことですが、誤った方法を続けていれば失敗してしまうこともあります。

ダイエットを成功させるには、正しい知識を得た上で正しく食事制限をすることが大事です。

食事制限で陥りやすい失敗パターンについて説明します。

基礎代謝が落ちている

基礎代謝が低いと、消費カロリーも減る

ダイエットをする上で重要なのは摂取カロリーより消費カロリーが高く、脂肪が代謝されるということです。

当然ですが、摂取カロリーが高ければその分太ってしまいますから、摂取量を控える方もいるでしょう。

しかし、自身の基礎代謝が下がっている場合、摂取量を控えたところでなかなか痩せることはできません。

代謝が高ければその分脂肪は燃えますが、代謝が低ければそもそも消費できるカロリーが低いため、脂肪を効率的に燃やせないのです。

ダイエットとは、正しい食事をすること

このような場合摂取量をさらに少なくする方もいますが、それによって栄養バランスが悪くなりさらなる代謝の低下を招きます。

ダイエットは食べないことだと考える方もいるかもしれませんが、ダイエットは正しい食事をすることです。

基礎代謝を低下させないためにも必要な栄養素は摂取しなければならないのです。

基礎代謝が下がれば筋力低下、血行不良、ストレスにつながり、太りやすく痩せにくい体になってしまいます。

デブタロウ
ずっと食事制限を続けているのに、なかなか痩せないという人・心当たりのある人は要注意です。

食事摂取量が減って便秘になる

食事摂取量を減らすと便秘を引き起こしやすい

便秘は不要なものが体内に蓄積している状態で、ずっと放置していると代謝を低下させますます痩せにくくなります。

食事制限による便秘は単に摂取量が減ることにより排泄量が減るというだけではなく、栄養不足から消化機能が低下し便秘になっていることがあります。

例えばダイエット中に控えることが多い脂肪分ですが、脂肪は消化する上で潤滑剤になるので、便を排泄するためには必要な栄養素です。

全く摂取しなければ便を排泄しにくくなってしまいます。

デブタロウ
だからダイエットと便秘の関連性は高いんです。

腸内環境を整えましょう

便秘は腐敗した食べ物が排泄されず体を循環するわけですから、ダイエット効率だけでなく美容にも悪影響を与えるといえます。

単に食事を抜くだけでは美しく痩せられませんから、腸内環境を整えることも大切です。

例えばヨーグルトや味噌などの発酵食品から乳酸菌を取り入れたり、食事の油分を抜き過ぎないようにしてみましょう。

腸の運動が低下している場合は腹部を温めたり、優しくマッサージすることで排泄を促しやすくなります。

デブタロウ
痩せ菌を育みましょう。

腸内環境を整えるサプリもあります>>

一度に多量摂取してしまっている

“どか食い”はやめましょう

基礎代謝も低いわけでもなく1日の摂取カロリーも守っているのに痩せないという場合、空腹時などに食べ過ぎている可能性があります。

基本的に消費カロリーの方が高ければ痩せますが、摂取時間や状況によって摂取カロリーの吸収率が高くなり痩せにくくなることもあるのです。

1日の摂取カロリーを守っていても夕飯や夜中に1日分を摂取してしまえば脂肪に蓄積されやすくなってしまいます。

朝から絶食していた場合はさらに吸収率が上がってしまい、脂肪を蓄積させることになるのです。

血糖値の急上昇に注意

まとめて食べたり早食いしたりすると血糖値が急に上昇しますから、注意が必要です。

血糖値の上昇は血糖値を下げる働きのあるインスリンの濃度を高めることになります。

インスリンには脂肪を貯蔵したり分解を抑制する働きがあるため、濃度が上がることで太りやすくなるのです。

そのため、食事の摂取方法にも気をつけなければなりません。

デブタロウ
1日3食キチンと食べましょう。

体重が落ちたのに痩せていない

厳しい食事制限は逆効果

食事制限をする方法はさまざまですが、人によってはかなり厳しい方法で取り組む方もいるでしょう。

確かに、厳しい食事制限を続ければ体重が減るかもしれませんが、必ずしも痩せられるとはいえません。

摂取カロリーを控えた場合、脂肪よりも筋肉が落ちることが多く、体脂肪率の高い体型になりやすいです。

その場合たとえ体重自体が軽くなったとしても、体脂肪率は高くなっていますから見た目も太って見えます。

デブタロウ
筋肉の方が脂肪よりも重いですが脂肪の体積は筋肉より大きく、その体積比は筋肉:脂肪が1:0.8といわれています。

筋トレで筋力をできるだけ維持

筋肉が落ちれば以前よりも体積が大きくなってしまうため、なるべく筋肉を落とさずダイエットすることが大切なのです。

厳しい食事制限は体重だけでなく筋肉も落ちてしまい、健康的に痩せることは難しいでしょう。

また食事を元に戻せばリバウンドしてしまう可能性もありますから、極度な食事制限は控えるべきです。

厳しい食事制限を続けたのにもかかわらず、逆に太ってしまえばダイエット自体の意味がなくなってしまいます。

デブタロウ
失敗しないためには筋トレで筋力を維持しつつ適度な食事制限を心がけましょう。

まとめ

食事制限に失敗しないためには

食事制限を続ければ体重を減らすことは可能ですが、極度な量の制限を続ければリバウンドしやすくなる上、健康的ではありません。

美しく健康的に痩せるには、バランスの良い食事をし適度に運動や筋トレをすることです。

とはいえ自分自身の体型を管理していくのは難しいことですから、プロの知識や経験を参考にする方が良いでしょう。

専門性の高い知識を持ったプロにアドバイスをもらえれば、より効率よく痩せることができます。

-コラム

Copyright© 痩せないブタはただのブタだ! , 2020 All Rights Reserved.